« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.29

林檎博

20081128566

椎名林檎のライヴでさいたまスーパーアリーナに。
ここに来るのは5年半ぶりですわ。前に来たのは劇場版「仮面ライダー555」のエキストラ参加で。あれはたいへんだったなあ。朝9時に会場入りして、夜の8時ぐらいまで缶詰状態。メシもろくに食えずにね。数年前、555役の半田健人クンに会った時、そのときの苦情をぶちまけましたよ……それはさておき。

でっかい会場でやる時にありがちなド派手な舞台演出や、「盛り上がっていきましょう!」的な過剰な煽りがあるわけでもなく、曲と歌の力で観客を昂揚させていく林檎姫。こういうことは、そんじょそこらのアーティストには出来ないですよ。感心しました。パフォーマーとして美空ひばりレヴェルですね、彼女は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.26

ラジオ

FMおだわらの番組「音楽と旅する」の収録。もちろん、小田原まで行くわけではなく、都内某所にて。ウェブサイト「MUSICSHELF」がプロデュースしている番組ということで、同サイトで「GIRL'S STYLE」という連載を僕と持ち回りでやっている猪又孝先輩とともに、2008年のこの10曲を選曲。
そのなかでも紹介したんだけど、南波志帆ちゃんっていう15歳女子(中学生)のデビュー・ミニ・アルバム『はじめまして、私。』が素敵すぎる。プロデュースは元Cymbalsの矢野博康。楽曲制作陣には宮川弾、堀込泰行、西寺郷太、土岐麻子などなど。いわゆる“萌え〜”なティーン・ポップでもなく、大人顔負けの“本格派”ってわけでもない。年相応の、ちょっと“賢そうな”ガール・ポップなんですな。テイスト的には斉藤由貴や原田知世なんかとダブりますよ。ルックスも一線級。キュートなガール・ポップには目がないけど、最近のエレポップ流行りにはちょっと食傷気味、なんて思ってる諸氏にはかなりの清涼剤ではないかと。

Nanba

ちなみに、FMおだわら「音楽と旅する」はストリーミングでの聴取も可能です。僕が出演したのは12月7日と14日の2回、それぞれ17:00〜18:00の放送です。詳しくはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

福岡

ひと足先に帰省中だった家内と娘を追いかけるかたちで、2006年の正月以来となる福岡に。
夕方に到着し、その日は家内の実家には行かず、旧友との親交をを深める。おなじみの居酒屋「ふとっぱら」に集まったメンツには、元カプセル・ジャイアンツのKOSSANなど、5年ぶりぐらいの友も。基本、みな相変わらずでした。気がつけば3時半。こんな時間にお開きするのも、福岡ならでは。東京の場合、終電を逃したら朝まで、ですからね。お泊まりさせていただいた林田クン、お世話になりました。

Lawson

ローカルな一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

MATSURI SESSIONのあとは……

Zazen_boys

ZAZEN BOYSのライヴでSHIBUYA-AX。
実は、2008年に入って初めて観る。ひさびさに観たZAZEN BOYSは、やはりたくましかった。
終演後、ひさびさに向井クンと話そうかとも思ったが、打ち上げはナシ。居合わせたスクービードゥーのメンバーと、最近よく利用する“ジャズがかかる”もんじゃ屋へ。リーダーのチーズ嫌いを知る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.17

ベースボール2008

ひさびさの更新になったけど、アジア・シリーズも終わったことだし、今年のプロ野球をざっと振り返ってみっか。

“チームワーク”っていうものがガチッとハマると、1+1+1+……=9以上の力を発揮する。まあ、そんなことは団体スポーツとしてあたりまえの法則なんですが、今年のプロ野球、メジャー・リーグを観ていて、それをあらためて実感した次第。
メジャー・リーグだと、アメリカン・リーグのチャンピオンになった“最下位常連”タンパベイ・レイズや、エースと攻守の要が抜けたにも関わらず、最後の最後まで地区優勝争いを演じたミネソタ・ツインズ。日本だと、エースと四番が抜けたにも関わらず、CS進出もう一歩まで健闘したカープ。二人の大砲が抜けたにも関わらず、日本一に輝いたライオンズ。いずれもチームワークがもたらした好結果だと思うわけで。
べつの例でいえば、五輪の日本代表。個々の実績だけみれば申し分ないメンバーだったけど、チームワークと団結力では韓国を上回ることはできなかった、ということでしょうな。
もひとつの例。王監督辞任発表前後のホークスの堕落ぶり。航海長を失った船とでもいうか、行き先を見失って選手の気持ちもバラバラになっていったのが要因じゃないかと思いますねえ。

とにかく、今年も野球が面白かった(世間の熱はどうあれ)。とくに、日本シリーズは、ここ最近ではいちばんエキサイティングだったんじゃないかな。最後までどっちにも流れが傾かなかった、短期決戦ならではのスリルもあったし、お互いのイイところを出し合って勝ち負けがついた感じだったね。自分が観てきたなかで、過去最高のシリーズは83年の西武×巨人だと思ってるんだけど、それと匹敵するぐらいの内容だったな。ただ、当時はジャイアンツ・ファン、今はホークス・ファンなので、あの時ほど興奮してないけど。

Number

野球特集の時だけ買う「ナンバー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

Perfume BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!

行ってまいりました!
まずは、何千人もの人が撮ったであろう、同じようなカット。そして、その中の多くがブログに載せちゃったりするであろう一枚↓

20081106520

楽しかったーっ!
とりあえず2日目もあるんで、あたりさわりのない範囲でハイライトシーンをピックアップ。
★かしゆか
「Take me Take me」における、あきらかに他の2人よりも艶めかしい身のこなし。
★あーちゃん
マイペースで畳みかけているだけかと思いきや、ちゃんと客の呼吸を読みながら、いつも以上に冴えていたMC。
★のっち
あいかわらずハンパない発汗量。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

GS

自分の名前をネットで検索してみる……なんてことをやったことある人は多いんじゃないかと思いますが(そうでもない?)、さっき、ふと思い立って検索してみました。そしたらジュリー・ファンのブログが引っかかって、先日ドコモのichで書いた原稿を誉めてくださっているコメントが書き込まれてました。

で、ジュリーとはまったく関係ないこともない、僕の最近の仕事のなかから。
MUSICSHELFというサイトで、映画「GSワンダーランド」の公開(今月15日より)を盛り上げようと、サエキけんぞうさんと対談させていただきいてます。このサイトの特色として、テーマに沿ったプレイリスト10曲を作るというものがあるんですが、もちろんテーマは“GS”で10曲セレクトしてます。ザ・タイガースはかなり意表を突いた曲で。

Tigers

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »