« へぇ〜 | トップページ | チェリーコーク »

2008.05.31

大澤誉志幸

20年ぶり……いや、18年ぶりか?
まあ、とにかくそんぐらいひさしぶりにライヴを観ることになった。前半は鍵盤とギターを従えてのゆったりとしたセットで、後半はフルバンドでの熱いステージ。「そして僕は途方に暮れる」「STOP & ギミーラブ」「恋にjust can't wait」「ラ・ヴィアン・ローズ」……変わらぬフィーリングでパフォーマンスしてくれる懐かしの曲にググッとこないわきゃあない。山下久美子を招いての「こっちをお向きよソフィア」もたまらんかったです。

それにしても大沢(男子ファンは大抵呼び捨てだ)はイイ曲書くよな。イイ曲書いてきたけど、世間的に取り沙汰されるのは決まって「そして僕は途方に暮れる」。言われてみりゃあ、いろんな人に曲を提供してるけど、その人の代表曲になるようなものってのも少ないしね。沢田研二「晴れのちBlue Boy」、吉川晃司「ラ・ヴィアン・ローズ」、ビートたけし&たけし軍団「抱いた腰がチャッチャッチャッ」、中森明菜「1/2の神話」、UP-BEAT「Kiss…いきなり天国」、本木雅弘「真夏の夜のタンゴ」……全部素敵なのに。

デビュー25周年だけに、リリースもライヴもそれらしくハデにやるそうですけど、できれば初期のCDをリマスター&紙ジャケで再リリースしてほしいなあ。

20080531236

|

« へぇ〜 | トップページ | チェリーコーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32959/21320483

この記事へのトラックバック一覧です: 大澤誉志幸:

« へぇ〜 | トップページ | チェリーコーク »